会員紹介

2016年度 一般社団法人島根大田青年会議所 組織図

2016年度一般社団法人島根大田青年会議所組織図(9月1日現在)

三役

総務広報委員会

【委員長所信】
 我々島根大田青年会議所は、大田市の明るい豊かな社会の実現のため、45年の長きに渡り活動を続けてまいりました。そして今まで島根大田青年会議所が在り続けられたのは、メンバー一人ひとりが自身に与えられた職務を着実にこなし、地域に対して我々の活動を理解していただくための弛まぬ努力を続けてきたからではないでしょうか。
 そこで本年度、総務広報委員会では、組織の基盤となる委員会として二つの取り組みを実践してまいります。一つ目の取り組みは、島根大田青年会議所の円滑な組織運営に取り組みます。まず組織内で必要な情報が今まで以上に共有されるよう各委員会との連携を密に図り、全メンバーが各委員会の事業や活動内容の把握が出来る情報発信を行うなど、総務の職務として行うべき事を確実に行います。その上で、従来通り行われてきた組織の運営方法について振り返り、これからの島根大田青年会議所の未来を見据えた組織運営を模索し活動に取り組みます。
 そして二つ目の取り組みは、島根大田青年会議所や所属する我々メンバーの魅力が伝わる広報活動に取り組みます。広報は、青年会議所の事を知っていただくため、我々の取り組んでいる活動や事業を伝えるための非常に重要な手段だと考えます。今までに確立されてきた広報の手法を検証し、ホームページやSNSの活用に加え、各種報道機関と連携しながら島根大田青年会議所の活動やメンバー個々人の魅力を全面に引き出し発信してまいります。
 以上、二つの取り組みを実践する事で、本年度の総務広報委員会は、島根大田青年会議所のメンバー一人ひとりが与えられた職務を着実にこなせる組織運営を行ってまいります。そして、島根大田青年会議所が今まで以上に地域から期待と信頼を寄せられるような組織を目指し邁進してまいります。

会員開発LMD委員会

【委員長所信】
 私たち青年会議所は修練・奉仕・友情の三信条を掲げ、明るい豊かな社会の実現のため活動しています。しかしながら、地方経済は先行きの見えない状態が続いており、大田市においても例外ではありません。それは会員数の減少や青年会議所活動への支障等様々な影響を及ぼしていると考えます。このような状態の中、会員が青年経済人として自立することは積極的に青年会議所活動を行う上で必要なのではないでしょうか。その上で、学び舎としての青年会議所において、一人ひとりが活き活きと前向きに学ぶことが大切であり、リーダーシップを習得し指導者として自身の企業や地域に還元できるような会員を育むことこそ当委員会の使命であると考えます。そして、会員が地域において能力を発揮することは会員拡大にも繋がるのではないでしょうか。
 そこで、本年度当委員会では、三つのことに取り組みます。まずは、自立した青年経済人の育成を行います。そのために必要な知識の習得と資質の向上をすることができるような事業を行います。そして、指導者として必要な要素である決意と行動力に着目し、指導力開発を行います。それは、為すべきことを知り、強烈な情熱を持ち、周囲をその情熱で巻き込み目標の実現に向かって行動できることが指導者として特に必要な要素だと考えるからです。さらに、より活気ある組織となれるように活動していきます。青年会議所では会員同士が知識や経験を共有することでお互いに高め合い成長することができます。前向きに学ぶことのできる組織風土の醸成を目指し、会員一人ひとりがより活き活きと活動できるように取り組みます。
 当委員会では、会員一人ひとりが、前向きに学び、青年経済人としても指導者としても成長し、必ずやり遂げる決意と行動力を持ち、何事においても全力で活動していくことができるように、一年間尽力します。

わがまちの未来創造委員会

【委員長所信】

 我々、島根大田青年会議所は、これまで様々な青少年事業を行い地域の青少年の育成に努めてきました。それは、次世代を担う青少年の育成が、地域の発展や活性化へ繋がり、青年会議所の掲げる明るい豊かな社会の実現に欠かせないものであるからだと考えます。
 私達の住む大田市には、海や山などの豊かな自然や、世界遺産でもある石見銀山遺跡に代表される歴史、文化があります。近年では「住みたい田舎ランキング」第一位となり、IターンUターン者も増加傾向にあります。しかし、日頃まちの人と関わる中で、次世代を担う子供達は、人生の岐路に立った時、このまちに残り、このまちのために力を注ぎたいという気持ちが薄れているように感じます。この現状をこれからの未来に向けて打破していくためにも、子供達にこのまちの歴史や魅力を伝え、地域を想う気持ちを育んでいく事が我々の責務であると考えます。
 まず、我々島根大田青年会議所メンバーが、このまちの現状について学び、これからの更なるまちの発展や活性化に向けて、次世代を担う子供達に対して、我々が果たすべき役割や行動について考えていただきます。そして、子供達とともに明るい未来を創造していくために、地域の魅力を掘り起こし、子供達にしっかりと伝え、地域に対しての想いを共有しあい、支えあっていけるよう事業を行います。また、子供達の地域を想う気持ちを育むために、子供達自身に、このまちの歴史や魅力に触れていただき、自分達の生まれ育ったまちの事を誇りに想い、わがまちの未来について、真剣に考え、自分自身に出来る事を積極的に行っていっていただけるよう事業に取り組みます。
 今年度、わがまちの未来創造委員会は、子供達を取り巻く環境や地域の現状を学び、地域の魅力を引き出し、子供達に伝えていく事で、子供達の地域を想う気持ちを育みます。そして、これからの自分達のまちについて真剣に考え、積極的に行動していけるような子供達を一人でも増やす事で、大田市の明るい未来に繋げていきます。