島根県西部を震源とする地震について

4月9日未明、島根県西部を震源とするマグニチュード6.1、大田市で最大震度5強を観測する地震が発生しました。


この度の地震により被災された皆様には、心より御見舞い申し上げます。


地震発生からしばらく経ち、ニュース等の報道で取り上げられる機会こそ減りましたが、損壊した家屋は1000軒を超え、その後体調を崩される方や石見銀山遺跡など観光地への影響など、実際には日が経つにつれ、被害の大きさが明らかになっています。


幸いにも島根大田青年会議所メンバーに負傷者こそありませんでしたが、自宅や勤務先が被害に遭いました。


大田市内では国や地方自治体をはじめ、各方面より援助を受け、早急に復旧が進められていますが、

今もなお、不自由な生活を余儀なくされている市民の方が沢山いらっしゃるのが現状です。


取り急ぎ、大田市に『災害支援緊急寄付受付フォーム(ふるさと納税)』が開設されましたので、ご紹介します。

今後の復興に際し、沢山の支援が必要と予想されることから、ふるさと納税の災害支援寄付の受付が開始されました。

詳しくは、

『島根県大田市ホームページ』

http://www.city.ohda.lg.jp

 『ふるさと納税ポータルサイトふるさとチョイス』

https://www.furusato-tax.jp/saigai/detail/384 

をご参照下さい。


また、4月14日(土)より、『大田市災害ボランティアセンター』が開設され、災害復興に向けてボランティアの募集が開始されました。

私たちも積極的に参加してまいります。

詳しくは、

『大田市社会福祉協議会ホームページ』

http://www.ohda-shakyo.jp/

をご参照下さい。


一般社団法人島根大田青年会議所は、決して災害に負けることなく、活動してまいります。

皆様の温かいご支援を、何卒よろしくお願いいたします。