GINZANウォーク~世界に誇る大田の銀と伝統を訪ねて~

10月7日(土)、「GINZANウォーク~世界に誇る大田の銀と伝統を訪ねて~」が開催されました。

心配された天候も回復し、大田市内の小学4~6年生17名がかつて銀の採掘で栄えた大田市大森町から

温泉津町西田地区を経て積み出し港の沖泊港まで約15キロの道のりを大田市の歴史や文化、自然とふれ合いながら歩きました。


出発地点の石見銀山公園で開会式を行い、「次世代の未来創生委員会」石﨑彰矩委員長の先導で一路沖泊港を目指して出発!
DSC_01051

<開会式>

IMG_6414-e1508424807172

<隊列を率いる石﨑委員長>

龍源寺間歩を過ぎるといよいよ難所の「降路坂(ごうろざか)」にさしかかり、道は一気に険しくなります。

途中、いくつかの沢もみんなで助け合いながら渡りました!

IMG_6454-e1508425591222
IMG_6459-e1508425694479

峠の頂上では山並みと日本海を望む絶景が広がりました。ここから道は下りとなり、お昼休憩までもう少しです。

IMG_6468-e1508426448285

<峠の頂上>

IMG_6475-e1508426534761

<無事に峠を超えました!>

降路坂を無事に通過し、お昼の休憩ポイント、温泉津町西田地区の「コミュニティよずくの里」に到着。

昼食では島根大田青年会議所OBの松村洋則先輩にご協力いただき大田市の伝統料理、箱寿司・かまぼこ・うどん豆腐・天ぷら饅頭が振る舞われ、ペコペコのお腹を満たしました。

IMG_6489-e1508427028384

<松村先輩より料理の説明>

IMG_6494-e1508427111980

<右・箱寿司とかまぼこ 左・うどん豆腐 中・天ぷら饅頭>

昼食後は温泉津町の(株)小林工房・小林泰三氏を講師にお招きし、伝統芸能として親しまれている石見神楽の神楽面絵付け体験を行いました。

IMG_6509-e1508427585393

<小林講師より神楽面について説明>

IMG_6526-e1508427680665

<みんな真剣です!>

思った以上に難しい絵付け作業でしたが、一人ひとり個性あふれる、すばらしい神楽面が完成しました!

IMG_6534

昼食と絵付け体験を終え、ふたたびゴールの沖泊を目指して出発。

道中にはかつての石見銀山地区の繁栄をしのばせる多くの史跡が存在し、青年会議所メンバーが説明させていただきました。

IMG_6538-e1508429598206

<午後も元気に出発!>

IMG_6542-e1508429672195

<佐藤委員による将棋岩の説明>

51a0ea69ea2db91abe9a44e01e425a13

<石橋監事による金柄杓井戸の説明>

IMG_6556-e1508430237217

<福光石の説明>

今回は参加者に「通行手形」が配られ、途中のチェックポイントでスタンプが押されます。
IMG_6557
さて、長かった道のりもトンネルを抜けると・・・
074b8afbcd3fd6f341656226b239b914

ゴールの沖泊に到着です!

d2783de5684d24d1cc5146e1b41834bd

まさに山あり谷ありの道中でしたが、全員無事にゴールすることができました。

閉会式では完歩の証として通行手形に最後のスタンプが押され、お昼に製作した神楽面、記念写真とあわせて

宇賀広実理事長より一人ひとりに手渡されました。

ff73ff5bad66d965affc8214115ff339
3dfcaa820d03dce837b2ff88b736eef8
IMG_6409

今回「GINZANウォーク~世界に誇る大田の銀と伝統を訪ねて~」を開催し、次世代を担う子供たちにふるさと大田市の歴史や伝統文化、自然に触れていただき青年会議所メンバー共々しっかりと記憶に残る非常に有意義な事業となりました。

開催にあたって児童を参加させて下さいました保護者の皆様をはじめ、ご協力いただきました沢山の皆様にあらためて感謝申し上げ、本事業が大成功に終わりましたことをご報告させていただきます。

ありがとうございました。