11月例会行事 道程~走り続けたその先にあるもの~

11月20日(月)、11月定例会にて11月例会行事「道程~走り続けたその先にあるもの~」を行いました。

担当は田辺拓朗委員長率いる会員指導力開発委員会です。

この例会行事は、今年度卒業を迎えるメンバーに、活動の中で得られた経験や培われた想いなどをお話しいただきました。

0fbca8dfb4d2ceb4facbb0514b69a43b

<司会 奈義良典大君>

152a79591d0fd48bb4e52baa17cc94091

<趣旨説明 田辺拓朗君>

f53f1248bde41a17225d7b0f217a02b0

<インタビュアー 田辺拓朗君>

c8c9ed7bfc3b05a2953b2c1048ef1d59

<2017年度卒業生 波多野陽一君>

はじめに田辺拓朗君がインタビュアーを務め、2017年度卒業生の波多野陽一君が、約8年間の青年会議所活動を振り返りながら現役メンバーに対してお話しいただきました。

新入会員のころのことや役職を経験してからの想いなど、当時の写真も登場し懐かしく思い出していただきました。

91bcb37424b85d3f1b64412691fd4dcd
a7287ec88e1478881a8e40309525aadb

<インタビュー中の様子>

54f9cd0d309d129b4bb601fce893f8a5

<質疑応答>

d535b25d60239f2565ded9747e625586

<講評 加藤亮一君>

質疑応答を行い、最後は加藤副理事長の講評を行いました。

今回の例会行事を受け、卒業生の経験や想いを今後の活動への参考や教訓とすることで、これからの励みにすることができました。

会員指導力開発委員会の皆さんお疲れ様でした。