7月例会行事 聴いて感じるコミュニケーション

7月18日(火)、7月定例会にて7月例会行事「聴いて感じるコミュニケーション」を行いました。

担当は田辺拓朗委員長率いる会員指導力開発委員会です。

この例会行事は、聴く力の重要性について学び情報を正確に受け取る力を養うことで、コミュニケーション能力を向上させるための知識の習得を行いました。

0c90d0b9bc8832da96e28ccaaf7237292

<司会 山崎桂一君>

f7d06f95ebbaed3fb93b30da71a893493

<趣旨説明 委員長 田辺拓朗君>

cbf330a50bff1f9ed603a29581d7d8711

<インストラクター 福間大祐君>

c4302f2684645137879f0dd282fb69111

<インストラクター 奈義良典大君>

はじめに、インストラクターの福間大祐君が「聴く」ということの重要性について説明しました。

続いて、インストラクターの奈義良典大君が、各々が配られたカードの情報を口頭で伝えあって野球のポジションを当てるゲームを行いました。

90e9bd439c3e65041ac8a8c8576956ab

<9人のポジションゲーム>

1761d4ec22aeea0d650ac31fdcaf44a4
a88b366e372f1dde2eaffa9833ca27d2

<ゲーム中の様子>

5010efcaef2955feb141c7f43c00a9ec1

<講評 副理事長 加藤亮一君>

最後は、加藤副理事長の講評を行いました。

今回の例会行事を受け、興味を持ち共感しながら聴くことで、相手との信頼関係を築き、より良いコミュニケーションを行う方法を学ぶことができました。

会員指導力開発委員会の皆さんお疲れ様でした。