2月例会行事 

2月20日(月)2月定例会にて2017年度最初の例会行事「誇りを持つために」を行いました。

担当は田辺拓朗委員長率いる会員指導力開発委員会です。

この例会行事は、地域で活躍される先輩方のお話を聞くことで、自身が感じる組織の魅力を再確認し、自身の組織に誇りを持てる会員開発のために計画されました。

内容の紹介です。

9b268259a3b4013e757bc3a7b475bdae

<司会 委員 福間大祐君>

152a79591d0fd48bb4e52baa17cc9409

<趣旨説明 委員長 田辺拓朗君>

b631fc4685d2a138cb1fcad9923d1d0d

<インストラクター 副委員長 奈義良典大君>

はじめに、インストラクターの奈義良典大君がパワーポイントで、3名の先輩方から伺った組織の魅力を紹介しました。

入会するきっかけとなったことや、青年会議所を卒業後に地域で活躍できているのも、青年会議所で培った経験があるからであることを紹介しました。


続いて、メンバーが感じる組織の魅力を付箋に書き出し、青年会議所の三信条である「修練」「奉仕」「友情」に分類します。

f229e3b63f3b83fd1bfd4b3d379ac9ed

<田辺委員長グループ>

7ebf0dbed4f143fb997f4aa50af5e771

<山崎監事グループ>

06b5dd9c8645d4415a32ffa6a67bc8ae

<福間委員グループ>

043dd6431ec5d73440c6d4d971eb153a

<もう一枚(^^)>

5ddeab77eeca972864affd98e10a11f4
3225fdba1c5c8363a043dddcfebe85e7

<全体の様子>

グループ内で書き出した内容の説明をし、分類した結果をもとにディスカッションを行います。

「奉仕なのか友情なのか」「修練なのか奉仕なのか」と意見が飛び交い、活動も時代と共に少しずつ変わってきたことなど、貴重な話も聞かせていただきました。


最後に加藤副理事長による講評です。

自身の仕事での経験をもとに、組織に対する魅力について熱い想いで講評していただきました。

e4a47618db39be700e5b4abecf25de80

<講評 副理事長 加藤亮一君>

今回の例会行事を受け、先輩方、グループ内から様々な意見を聞くことでメンバーが、青年会議所の魅力を再確認する機会となりました。

会員指導力開発委員会の皆さんお疲れ様でした。